コインチェック取引所(coincheck)でビットコイン等の仮想通貨を取引するために、

コインチェックのアカウント開設、口座開設方法について解説します。

 

 

コインチェックでアカウントや口座開設をするのは、

私たちが普段使っているような日本にある銀行の口座開設よりも簡単に開設することができます。

 

基本的に「メールアドレス」もしくは「フェイスブック(Facebook)アカウント」で、

すぐに登録ができます。

 

このメールアドレスやフェイスブックでアカウントを登録しただけの状態では、

5万円までの取引となり、それ以上の日本円の入出金になると本人確認が必要となります。

 

本人確認は、「運転免許証」、「パスポート」、「顔写真付き住基カード(住民基本台帳カード)」など、

色々な本人確認方法がありますので、ご自身で手軽に用意できるものが良いと思います。

 

本人確認に必要な運転免許証などをスマホなどで写真を撮影し、

コインチェックのサイトにアップロードするだけの簡単な作業となります。

 

 

これから仮想通貨取引するにあたってはじめの一歩となる、

仮想通貨取引所でのアカウント開設と口座開設方法についてご覧ください。

 

 

コインチェックでのアカウント登録方法

 

まずは、コインチェックの公式サイトへアクセスして下さい。

⇒ https://coincheck.com/

 

コインチェックの公式サイトへアクセスしましたら、

下記のフォームにしたがって、メールアドレスを入力する、

もしくはフェイスブックアカウントでアカウントを作成します。

 

 

こちらでは、”メールアドレス“で登録する方法を解説していきます。

メールアドレス“、”パスワード“欄の記載して、

I’m not a robot“にチェックを入れて、”アカウント作成“ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 

その後、下記のような画面となり、コインチェックからメールが送らてきますので、

メール本文のリンク先からコインチェックサイトへアクセスすればアカウント作成が完了します。

 

※パスワードはエクセルや紙などにメモすることをオススメします。

万が一、パスワードを紛失したとしてもパスワードは発行されますが、

パスワード発行に時間がかかるため、その間に売買取引のチャンスが来て、

チャンスを逃しています恐れがあるからです。

 

 

 

コインチェックのウォレット設定から本人確認・電話番号登録を行う

アカウント作成が終わりましたら、

コインチェックのサイトからウォレット ⇒ 設定に進んでいただき、

まずは、本人確認・電話番号認証を行っていきます。

 

他にも、「預金通帳確認」から、

通帳やキャッシュカードを写真でコインチェックのサイトへアップロードすることで、

日本円で銀行へ出金することができようになります。

この預金通帳確認は、実際に取引を始めてからでも遅くはありません。

 

※ちなみにウォレットとは、仮想通貨を入れておく財布のことで、

コインの取引や資産の状況等を把握することができます。

 

 

 

コインチェックで電話番号認証を行う

まずは、電話番号認証を行っていきましょう。

 

ウォレットの設定から ⇒ 電話番号認証 へ進んでいただくと、

下記のような画面が表示されますので、”電話番号”の欄に電話番号を入力し、

“SMSを送信する” をクリックして下さい。

 

その後ショートメール(SMS)で”認証コード“が送られてきますので、

その番号をサイト上に入力して、”認証する”のボタンをクリックして下さい。

 

これで電話番号認証は完了で、5万円以内の取引が可能となりました。

 

 

 

 

 

コインチェックで本人確認を行う

続いて本人確認を行います。

5万円を超える日本円の入金、および、3万円を超える日本円の出金には

本人確認が必要になります。

 

そして、下記の画面が本人確認にあたって必要事項を入力する画面となりますので、

入力フォームに従って、”名前” ”性別” ”住所” 等の情報を入力していきます。

※コインチェックへ提出予定の身分証明書と同じ情報(名前、住所等)を入力する必要があります。

※例えば、今現在実際に住んでいる住所と身分証明書上の住所が異なっているケースはNGという事になります。

 

 

コインチェックへ身分証明書をサイトにアップロードを行う

 

身分証明書は、簡単にサイトからアップロードすることができます。

既に、スマートフォンなどで身分証明書を撮影し、

パソコンに身分証明書の写真が保存されている場合、

その写真を選択するだけでコインチェックのサイト上にアップし、

身分証明書を提出することができます。

 

ちなみに、以下のものがコインチェックの本人確認で使用可能な身分証明書となります。

 

・パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)

・在留カード(裏面もご提出ください)

・特別永住者証明書(裏面もご提出ください)

・運転免許証(裏面もご提出ください)

・運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)

・住民基本台帳カード(裏面もご提出ください)

・マイナンバーカード(裏面の画像はアップロードしないでください)

 

 

IDセルフィー(提出書類とご本人が一緒に写っている写真)のアップロードを行う

 

IDセルフィーとは何ぞや?と思うかもしれませんが、

早い話が、以下のように顔写真月の身分証明書自分が写っている写真を提出して下さいという事です。

 

 

ファイルを選択する” をクリックしていただき、

撮影した写真を選択して下さい。

 

“カメラを起動”をクリックした場合、パソコンやスマホのカメラが起動し、

そのまま身分証明書を持ったまま撮影することも可能です。

※パソコンの場合、カメラ機能が付いていればカメラが起動します。

 

事前に用意しなくても、ここで写真を撮影することですぐに提出することができます。

完全に余談ですが、個人的には、

コインチェックのアカウント作成、口座開設にあたって、

一番の壁がこのIDセルフィーでした。

 

やることじたいはめちゃくちゃ簡単なのですが、

私はいい年齢ということもあって、普段、自撮りをするわけではないので、

部屋の中、一人で自分を撮影するのはとても恥ずかしがったです。

そういう意味で、個人的には一番の壁でした。(笑)

 

 

身分証明書の表の写真と裏の写真

 

 

 

 

続きまして、身分証明書の表と裏の写真をコインチェックのサイトへアップロードしていきます。

 

ファイルを選択する” をクリックし、写真を選択するか、

もしくは、”カメラ起動”をクリックし、その場で写真を撮影します。

 

コインチェック公式サイトからの説明事項にあるように、

免許証や外国人登録証明書を提出する場合は、裏面も提出する必要があります。

またパスポートの場合は、住所記載の欄を提出する必要がありますので注意しましょう。

 

 

身分証明書のアップロードが全て完了しましたら、

本人確認書類を提出するというボタンをクリックして、完了となります。

 

 

コインチェックの本人確認が終わるまで ハガキ発送から到着確認

 

コインチェックへ本人確認書類の提出が終わり、

本人確認書類の確認が完了すると簡易書留でハガキを発送しますというメールが届きます。

ハガキを送る目的は、本当にその住所に本人がいるかどうかの確認のようです。

 

 

ハガキの発送準備が整うと、”本日ハガキを発送しました”というメールが届きます。

日本郵便のウェブサイトからお問い合わせ番号で追跡が可能です。

 

 

ご丁寧に、”簡易書留ハガキが近くの郵便局に到着しています” というメールが届きます。

 

 

コインチェックから以下のハガキが届くと、本人確認が完了となります。

本人確認が完了すれば、コインチェックの全ての機能が使えるようになりますので、

コインチェックの仮想通貨取引所を使って取引を行っていくのであれば、

最低限、本人確認まではやっておくことをオススメします。

 

 

 

 

以上でコインチェックのアカウント作成、口座開設方法についての解説となります。

 

コインチェックのアカウント作成、口座開設は

こちらの公式サイトから簡単に行うことができますので

お時間があるときにでもやってみてください。

↓↓↓↓↓

https://coincheck.com/

 

 

コインチェック取引所の特徴や取引方法については、

別の記事で書いていきますね。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

これから仮想通貨の投資、マイニング投資で稼ぎたいと考えているあなたへ
仮想通貨投資及びマイニング投資のやり方を
LINE@&無料メルマガでお伝えしています。