仮想通貨の基盤システム ブロックチェーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロックチェーン(blockchain)とは、

仮想通貨を生み出したとされるサトシ・ナカモト氏が開発したと言われている

仮想通貨の基盤となるテクノロジーです。

 

そのブロックチェーンはどんな事ができるのか?

ブロックチェーンの特徴を交えながら、わかりやすく解説していきます。

ブロックチェーンは、現代世界のシステムを激変させるほどの画期的なシステム”

と言っても過言ではない代物です。

 

実際、そのテクノロジーを使うことで、

ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨は、

価値、価格が上昇し、当時100~200万円ほど、

ビットコインに投資していた投資家は100億単位の収益を得ています。

 

それほどもまでに注目されているブロックチェーンというテクノロジーは

仮想通貨の基盤であり、ぜひ初めに理解していただきたいポイントになります。

 

 

 

 

ブロックチェーンの仕組みとは?

 

ブロックチェーンについてウィキペディアでは、こう書かれています。

 

ブロックチェーンとは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。 後述のR3 コンソーシアムで開発の進められているブロックチェーンは、Amazon.com・IBM・マイクロソフトのクラウドインフラを使用している。 R3 やリナックス財団だけでなく、USAAも研究チームを立ち上げている。

wikipediaより参照

 

恐らく、ウィキペディアの情報だけでは、なかなかピンと来ないかもしれません。

 

 

分散型ネットワークというのは、この画像のようなイメージです。

 

 

管理人を定めて、どこか一か所に権力を集中させる感じではなく、

ユーザー同士が直接やりとりができるという画期的なシステムです。

 

ヤフオクで言えば、Yahoo!という管理人を仲介せずに、

ユーザ同士で取引を進めるイメージです。

 

仮想通貨が現れるまで、管理者不在の状態で

ユーザー同士がやりとりできるシステムはありませんでした。

 

 

ユーザー同士で取引できる一番のメリットとしては、

やはり、ユーザー間に障害となるものは何もないので、

余計な手数料等がかからないというのが挙げられます。

 

例えば、通常は自分の銀行から相手の銀行にお金を振り込むと一定の手数料が必要になり、

その手数料を銀行に支払います。

海外送金となれば、その手数料はさらに高くなります。

 

 

しかし、このブロックチェーン(分散型ネットワーク)を使用した仕組みを使うと

ユーザー同士で直接やりとりができるため、手数料は格安になります。

 

 

ちなみに、日本から外国にお金を送ったとしても、

現在の日本国内の送金手数料よりも安い金額でお金を送ることができてしまいます。

 

 

 

 

ビットコインにおけるブロックチェーン

 

もしかしたら、分散型ネットワークと聞いても

いまいちピンと来ない方もいるかもしれませんので、

仮想通貨のビットコインにおけるブロックチェーンの例を挙げて、

より分かりやすく解説していきます。

 

 

特筆すべきブロックチェーンの特徴は、

簿記でいう所の帳簿が全世界に向けて公開されている感じなので、

誰の財布(ウォレット)にいくら入っているのか(厳密にいえば、誰がいくら使うことができるのか)

という事が分かる仕組みになっているという事です。

 

つまり、ブロックチェーンを騙すことは基本的にできないという事です。

 

例えば、Aという人間が「ビットコインのウォレットの残高が100BTCあります」

と嘘をついたとしても、

そのAという人間のウォレットに100BTCが入っているという記録が

ブロックチェーン上にそもそも存在しないことは、

公開されているウォレットを見れば一目瞭然なのです。

 

そのA自身が所有している以上のビットコインを使おうとした時点で、

その取引(トランザクション)が拒否されます。

 

 

ビットコインの通貨をどのアドレスからどのアドレスに送った

ということが記録されている取引履歴のデータは世界中に散らばっていて、

みんなで相互監視をする仕組みなので、

特定の人間によるシステムへのハッキングを未然に防いでいるというわけです。

 

この取引(トランザクション)の記録を一つのブロックにまとめて、

そのブロックを鎖(チェーン)のようにつなげて保存したものが、

ブロックチェーンとなります。

 

鎖状に繋げることにより、後からデータの変更や改ざんをすることが実質不可能となります。

 

このように一人ひとりの人間で構築するネットワークが

ブロックチェーンであり、世界を激変させるくらいの革命的な技術というわけです。

 

このブロックチェーンの仕組みを使えば、

一部の力を持った者に支配されることなく、

世界中の人と自由に取引をすることが可能になります。

(非中央集権的)

 

 

 

こちらも併せて読んでおいていただければと思います。

⇒ ブロックチェーンによる送金の仕組みについて

 

 

これから仮想通貨の投資、マイニング投資で稼ぎたいと考えているあなたへ
仮想通貨投資及びマイニング投資のやり方を
LINE@&無料メルマガでお伝えしています。